読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンションという住まい

2週間ほど前、日経新聞に「異変 マンション市場」という4回シリーズの記事があった。 低金利を背景に順調だった首都圏マンションの販売が、あまりに価格が高騰しすぎて失速、割安感のでてきた戸建てに流れている、というのが、第1回の話題。 土地だけでなく…

日本のリフォーム市場規模

矢野経済研究所によると、2016年の日本のリフォーム市場は6.2兆円。前年比4.4%マイナスらしい。 6.2兆円だった2016年住宅リフォーム市場、矢野経済研究所|日経アーキテクチュア 国土交通省は「住宅ストック循環支援事業補助金」等で底上げを企図するものの…

高齢者が安心して暮らし続けられる住まいづくり

シードプランニング、という調査会社が去年発行したレポートに「高齢者向け住宅生活支援サービスの市場動向調査」というのがあった。 それなりに高価なので購入はできないが、プレスリリースで概要が分かる。 市場調査とコンサルティングのシード・プランニ…

中古優良住宅の認定制度

先週の木曜日(2/16)の日経新聞に載っていた記事のご紹介。中古住宅市場をもっと活性化していこう、という話だ。 国交省によると、日本の中古住宅シェアは欧米に比べて少ないらしい。 米国・英国では住宅流通の8割超が中古住宅なのに対して、日本は、新築の…

「住まいアドバイザ」って、こんなイメージ

こんな感じ、いいな。 住まいスタジアム | 住まいの買い方 変える、変わる。

要領が悪くても

なかなかブログを更新できないことが気になっていた。 まったく時間がないわけじゃないんだけど、文章をつづる余裕が作れないのは、要領が悪いからなんだよなあ、と思っていたところだったので、この記事が目に留まった。 40歳を過ぎてから気がついた「要領…

不動産仲介とAI

不動産業界は、IoTとかAIの導入が、比較的遅れているという。 先週の新聞記事で知ったこと;総務省の情報通信技術の導入にかかわる調査によれば、不動産業界はIT導入可否による業績の差が、他業界に比べて大きいそうだ。 大量の情報を読み込んで収益性の高い…

リノベーションのプロフェッショナル

先日の記事に書いた嶋田さんと共通するマインドをもった建築家をNHK番組「プロフェッショナル」で紹介していた。 大島芳彦(2017年1月16日放送)| これまでの放送 | NHK プロフェッショナル 仕事の流儀 建物だけでなく、人と人の関係や、街のあり方を変え…

リノベーションまちづくり

今日は、共感した一冊の本を紹介したい。 https://www.amazon.co.jp/ほしい暮らしは自分でつくる-ぼくらのリノベーションまちづくり-嶋田洋平/dp/4822200426/ref=cm_cr_arp_d_product_top?ie=UTF8 ※どうでもいいことかもだけど、この本に出合ったのは近所の…

リノベーションの落とし穴

リノベーション素晴らしい、という記事を書いたばかりだけど今度は、リノベーションに気を付けよう、という話。 何度も書いているように、不動産取引って難しい。金額の大きさに圧倒され、複雑な仕組みや専門用語に戸惑い、大切な住まいを選ぶ(手放す)とい…

リノベーションは進化している

まず素朴な疑問。「リフォーム」と「リノベーション」何が違うの? を調べてみた。 「リフォーム」は、古くなった建物を新築の状態に戻すことで、故障や老朽化によって機能や見た目が低下している個所を直すこと。 「リノベーション」も、もちろん大抵は古く…

買うか借りるか、住まいの悩み

「終の棲家」という言葉がある。人生の最期を迎える時まで暮らす住まいのことだ。 老後を考えると持ち家のほうがいいよ、という意見のヒトは長生きして、家賃を払い続けられなくなったらどうするの、となる。 賃貸のほうが、気楽で身軽でいいよ、という意見…

「住まい」は、帰る場所(あたりまえ)

父親の仕事の関係で転居が多かった子供時代。 都度指定された社宅が「住まい」になるのだけれど、そこが自分の帰る場所、居心地のいい処でさえあれば、住めば都。 どこに出かけても、最後に「帰りたい」と思う場所帰り着いたらホッとする場所、それが「住ま…

新しい街づくりと、高齢者の住まい

昨日の日経新聞朝刊の記事で「CRCC」という言葉を知った。 米国発祥のContinuing Care Retirement Community の略語で、「高齢者が元気なうちに移り住み、地域貢献や生涯学習に取り組みながら暮らす共同体づくり」という意味だそうだ。介護や医療が必要にな…

ブログはじめます

La vita è bella! 人生ってすばらしい! 一度きりの人生、悔いなくやりたいことをやりたい。 「間取り」を眺めることが、小さなころから大好きだった私。 ずっとあたためてきた「住まいにかかわる仕事がしたい!」気持ちを いつかカタチにするために、突然ブ…